顎 ニキビ 治らない

顎ニキビが治らないのはコレが原因だった|その予防法とは

顎ニキビが治らない原因とは

顎ニキビは治らないし、痛いしで悩まされたことはありませんか?
顎にできるニキビはとても目立ちます。
痛みも長期間続くためとてもわずらわしいですね。

 

そんな顎にできるニキビについて調べてみましたのでご紹介いたします。

 

顎にできるニキビはホルモンが大きく関係しているようです。
思春期などにはおでこや小鼻の周りにニキビが多くできます。
これは成長ホルモンの作用により皮脂が分泌されるからです。

 

反対に大人になってからは顎やフェイスラインにニキビができやすくなります。
これは乾燥した場所にニキビができやすい傾向にあるためで、
大人になって不安定なホルモンバランスにより潤いが少なくなることが関係してきます。

 

また男女ともに言えることですが、顎のお肌の特徴として男性ホルモンが
活発に働くと言うことがあります。
このことから皮脂の分泌量が多くなり、ニキビができやすくなっています。

 

そして女性特有のホルモンバランスの乱れは、生理周期に大きく関係しています。
通常の健康体の女性でも、生理のたびにホルモンバランスが崩れるため
ニキビができやすくなります。

 

さらに月経前症候群の方もいらっしゃると思います。
月経前症候群の方は、常にストレスにさらされているためホルモンバランスが
大きく崩れることがあります。

 

ニキビのできる原因はほかにもストレスや不眠、体調不良や偏食などもあります。
ありとあらゆる面からの影響うけることになるため、顎のニキビが治らない方は、
日ごろから健康管理には十分気をつけておくと良いでしょう。

ムダ毛とニキビとの関係について

ムダ毛は毛穴から生えていますが、毛穴は3種類あります。
それは皮脂を排出して産毛を生やす「脂腺性毛包」、細くて柔らかい産毛を生やす「軟毛性毛包」、
太くて長い髪の毛やヒゲ、脇毛などを生やす「終毛性毛包」です。

 

これらの毛穴のうちの「終毛性毛包」がムダ毛を生やしますが、
この毛穴から出る皮脂は毛の成長に伴い自然と押し出されるので、
毛穴に皮脂が溜まることでのニキビになることはごく稀です。

 

 

■ムダ毛とニキビの関係での注意点
女性の場合、基本的に顔には終毛性毛包のムダ毛はありませんが、
ニキビがある時にカミソリでムダ毛の処理をしないように注意しなければなりません。
その理由は、毛穴にカミソリの刃を当てると角質層を傷つるからです。
ニキビがある皮膚にカミソリ刃を当てると、肌の保護機能が低下します。
その結果ムダ毛処理をした肌のニキビを悪化させるリスクがあるのです。

 

■ムダ毛を生やす終毛性毛包にはニキビは出来ない?
先に述べたように毛穴は3種類あり、その中の終毛性毛包にある皮脂は
毛の成長に伴い排出されるため、ニキビができる可能性はかなり低いと言えます。

 

ただし、あくまでもニキビができる可能性が低いということであり、
場合によってはニキビができるかもしれませんし、
細菌が入って炎症を起こす可能性が皆無ではありません。

 

ここまでをまとめると、ムダ毛とニキビとの関係では、
女性の場合は終毛性毛包が多い頭皮にニキビができる可能性はかなり低いと言えます。

 

しかし、皮脂を排出して産毛を生やす脂腺性毛包の場合はその限りではないようです。
いずれにしてもムダ毛の部分にニキビができたら、
その部分をカミソリの刃などで刺激しないように注意しましょう。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ