顎 ニキビ 治らない

冬のテカリはニキビのサイン?

冬のテカリはニキビのサイン?

夏は皮脂が浮かび上がりやすい季節であり、発汗も多くなりますから、
肌がテカりやすいタイミングでもあると言えます。

 

しかし「真冬に入っても顔にテカりが生じてしまう!」
このような女性は、近年徐々に増加していると見られています。

 

テカりは当然皮脂が原因ですから、放置しておくと毛穴を詰まり込ませ、
ニキビやそれ以外の肌の問題が生じる起因にもなりかねません。
冬場になっても顔のテカりが消えない人は、オイリー肌である確率が高いため、肌質にマッチしたケアが欠かせません。

 

 

重要なのは保湿

皮脂を除去するために、最初にする事と言えば洗顔ですが、
一日のうちに洗顔を行い過ぎると、かえって皮脂の分泌量を増やしてしまいます。
皮脂が消えてしまうと、肌の表面を守るために皮脂の分泌が起こるので、
肌の表面に皮脂が増えてテカり、悪循環に陥ってしまいます。

 

 

皮脂の分泌の増えすぎをブロックするには、肌の保護機能を底上げし、
皮脂任せにならなくても、外側からのダメージをブロックできる環境を作り上げる事が必須です。
肌の保護機能を作っているのは、肌の水分と皮脂であり、層を形成してバリアとなるのです。

 

よって、バリアを強くするには適当な水分と皮脂分が肝要。
皮脂に関してはもう満ち足りているので、不足した水分を保湿で補う事で、
バリアを確実に作り上げる事が可能になります。

 

ムキになって洗顔に取り組むと、むしろ皮脂が足りなくなり水分が消えますから、
皮脂が多い方は朝晩の洗顔以外は、軽めに拭くぐらいにとどめて、保湿と乾燥対策を着実に実践しましょう。
あご にきび しこり

 

冬の乾燥に気を付けましょう

大半の方が冬はニキビが発生しやすいと思っているでしょうが、
この要因の内の一つには、空気の乾燥があると見られています。
乾燥すると、肌の潤いを空気中に取られやすくなり、それが原因となって、肌の保護機能が衰えやすくなるのです。

 

さらに、肌が乾燥した事が引き金になって、皮脂の過剰分泌を促し、
それが起因になって顔にもテカりが出てしまいます。

 

 

また、冬の低温が原因で血流が悪くなり、代謝が衰え、肌細胞の刷新に滞りが生まれるようになります。
そうした要因により、肌が元来保持している免疫機能が低下し、
その結果、炎症やニキビの原因菌への抵抗力が下がり、肌の表面に具現化しやすくなります。

 

 

ニキビの要因は皮脂だと思われている方が大半でしょうが、それのみではありません。
むしろ、大人ニキビに関しては、乾燥が引き金の保護機能の衰えや老化が、
主な原因です。

 

ですが、皮脂も外せない要素であるのは間違いないので、
乾燥して肌の保護機能が低下しがちな冬場に、テカりが分かるほど皮脂が増えている際は、
ニキビの発生しやすい条件がそろい踏み、という事なので気を付けなければなりません。

 

ホーム RSS購読 サイトマップ