顎 ニキビ 治らない

ニキビは遺伝に関係しているのか?

ニキビは遺伝に関係しているのか?

ここではニキビと遺伝の関係性について紹介していきます。

 

ニキビに見舞われやすい肌質

本題に入る前に「ニキビに見舞われやすい肌質」というものを挙げていきます。

 

・皮膚の新陳代謝が鈍い
・毛穴が狭く、角栓が出来やすい
・オイリー肌(皮脂が多い)である

 

などです。
実際、このような肌質は遺伝しやすいと見られています。

 

ただし、これはあくまでも「肌質」が遺伝するのであって
「ニキビ自体」が遺伝するというわけではありません。

 

遺伝子以外も継承していく

親子の間では、遺伝子のみならず生活習慣も継承されていきます。

 

親の睡眠時間が短いならば、子供の睡眠時間も短くなる。
親が肉類ばかりを食べるならば、子供も肉類ばかりを食べる。
親が運動をほとんどしないのでならば、子供も運動をほとんどしない。

 

というように、習慣が継承されていくのです。
つまり単純に言えば「親に似る」という事ですね。

 

特に短い睡眠時間が習慣になってしまえば、
ターンオーバーが崩れやすくなってしまいます。

 

何も疑問を持たないような小さい折から、このような習慣が身に付いてしまうと、
成長して自分で判断できるようになる折には、
ニキビに見舞われやすい習慣から抜け出せなくなっている場合もあります。

 

ですから、まずは何とかして悪い習慣を変えていきましょう。
遺伝が起因だからと開き直らず、出来る事はしなければなりません。

 

ニキビは遺伝病には該当しない

ニキビは遺伝病には該当しません。なぜなら遺伝病とは、
色覚異常や血友病等、100%遺伝情報に左右される病気の事だからです。
これらは、生まれつき掛かるか否かが決まっている疾患ですから、
現状の医学では、治す事が不可能です。

 

反面、ニキビは「治せ」ますし「軽減」もできますし「防止」もできます。
もちろん、ニキビ遺伝子ですとかニキビ染色体のようなものもありません。

 

むしろニキビは「生活習慣病」に近いものと言えるでしょう。
二の腕のブツブツを改善

ホーム RSS購読 サイトマップ